気になるニュースセンター+(参加型ニュースブログメディア)

面談で問われる気になるニュースや就活、一般常識のお供にも使える、世の中のちょっと気になる ニュースのみんなの意見が参加できる!投票後、即、見れる!画期的な企画ブログ!

お金のニュース 人間の行動についてのニュース

もし大好きな無料コンテンツが、ある日を境に有料になったらいくらまで払いますか?

タダネイティブは、ある日を境に有料になったら支払いたいと思うのか?

彼らの実態は、果たしてどんなものなのか?
スマートフォンが広く普及してからは、マンガやゲームも無料アプリで楽しめるようになった。
大人は敵で、それに抗う同級生はどこか羨望のまなざしで見つめられていた。
「彼らの人間関係は、まるく、やさしく、つつがなくです。一概には言えませんが、厳しく育てられた親たちが、
『自分の子どもには同じ体験をさせたくない』と、かなりソフトに育てている印象がありますね。
以前は淋しさを紛らわせるために非行に走る、という文化がありましたが、今はスマホがあればいくらでも暇つぶしができるので、
不良系も極端に減っている。

中学高校の先生方とワークショップをしたところ、今モテるのは、不良系ではなく、星野源さんみたいな優しくて清潔感がある子なんだそうです」(十河さん)物欲がなく、一定の趣味嗜好を持たず、心優しいタダ・ネイティブ。

引用元=http://www.nomura.co.jp/el_borde/view/0015/

あなたのお気に入りの無料コンテンツが、いきなり有料となったらあなたはいくらまで課金しちゃいますか?

Loading ... Loading ...

ちょっと、怖くなるぐらい、最近無料コンテンツが増えていますよね。無料アプリに、お試し無料マンガだったりお試し無料といっても、1巻まるまる読めちゃったりと、編集人-oの過ごした昭和の時代では考えられないくらいの充実ぶりなような気がします。

そうやって考えてみると、ひきこもりの人口が年々増え続けていて、今や100万人以上は軽くひきこもりがいるって概算の数字があるようですが、そりゃーこれだけ、充実した動画配信サービスや、無料ゲームアプリ、さらには、外に出なくてもいいSNSで友達と、まったく距離感もなく繋がれるって、供給すればするほど、ひきこもりは増えるような構造になっているな気がしてなりません。

昭和の時代のコンテンツであれば、ゲームといっても、ボードゲームや野球盤、テレビゲームが流行っても、インベーダーゲームですから、今のゲームみたいにそこまで時間を消費するってことはありませんでしたもんね。
今の時代のゲームとなると、基本終わりがないものが多いですよね。アイテムも定期的に送られたりしてきて、依存度を高めるような作りになっていると思います。

これだけ無料コンテンツが溢れている現在、それでも、あなたは、はまってる無料コンテンツがある日突然有料となってしまったらいくらまでだったら課金しちゃうと思いますか?
アンケート実施中ですので回答してみてください!世間の人はどう思ってるのか数字も確認できますよ。


 

 課金したくないのに、ゲームはやめられないってのは、あるあるかもしれないですね!うわー依存度たかー!

 課金したくないから、辞めるって選択肢もあるんですね!これは、これで、新たなる選択肢かもしれないですよね。

カテゴリー

-お金のニュース, 人間の行動についてのニュース