お金のニュース 働き方改革のニュース

「副業禁止!」って、月額手取りいくら以上の企業なら言ってもOKだと思いますか?

「たいした給料も出してない企業が!」と言われてる企業の月額の手取り額はいくら以下ぐらいだと思いますか?

「たいした給料も出してない企業!」の月給は手取りでいくらくらいだと思いますか?

Loading ... Loading ...

以前、副業は、やってもさらにそこでさらに血みどろのレッドオーシャンの戦いになるので儲けられる人はほんの一部かも知れないという記事を書きました。

副業は誰でも手軽に始められてもレッド―オーシャンだと思いますか?

そして、今回は、副業禁止の話題です。たいした給料も出してない企業が、副業禁止なんて言う資格あるのか!?ってことが話題になっています。

確かに、いままでそういう声も多かったのでしょうが、なかなか表に出るようなことはなかったのではないかと編集人-oは思っています。とうとう、こういう声が、表舞台に出てきたってことは、相当、働いている人たちの中にもフラストレーションが溜まってきているということではないでしょうか?

前にも、自動車の整備士の給料が手取り12万円では安すぎるのか?普通なのか?ってニュースも話題にしましたが、わりとそれでも普通じゃないか?という意見も目立っていました。(ちょっと驚きの結果です!)

月額手取り12万円という給料は安すぎるのか?

物価も上昇し、消費税も増えていく一方の世の中で、最低でも20万円はなければ、まともに暮らしていくことは困難なように編集人-oは思っています。ましてや、子供がいて学校に行って教育もさせてあげたいと思えば、20万円なんかでは全然足りないように感じます。

企業側の事情というのもあるのは理解できますが、それでも、雇っている社員にまともな生活ができる程度の給料を支払えなければ、日本の会社として存続していく意味すら考えてしまいます。

そして、本題の「たいした給料も出していない!」って言われた企業側のたいした給料ってみなさんは、どのぐらいのもんだと思いますか?人によって、それこそ考え方があるので、意見も大きく分かれてくると思いますが、どのぐらいの額なら(たいした給料=安い給料)って感じますか?アンケート実施中です!

 

-お金のニュース, 働き方改革のニュース
-