気になるニュースセンター+(参加型ニュースブログメディア)

面談で問われる気になるニュースや就活、一般常識のお供にも使える、世の中のちょっと気になる ニュースのみんなの意見が参加できる!投票後、即、見れる!画期的な企画ブログ!

社会派ニュース

ご飯論法について簡単に解説+こんな答弁許せますか?許せませんか?

ご飯論法(法政大学の上西充子さん発案)のやりとりを簡単に解説

ご飯論法に該当するような、答弁は許せますか?許せませんか?

Loading ... Loading ...

ご飯論法というのが、政治の界隈で少し話題になったりしていますが、ご存じでしょうか?
法政大学の上西充子さんがツイートして話題になりました。

国会答弁でなされている数々のやり取りについて表現された秀逸な例えです。

まー簡単に言えば論理のすり替えみたいなものの例えといえばいいでしょうか。
簡単にいえば、こんなやりとりがご飯論法となります。

「朝ご飯は、食べなかったんですか?」 
「ご飯は食べませんでした。(実際はパンなのでそこは言わない)」
「では、何も食べなかったんですね?」
「何もと聞かれても、どこまでが食事の範囲になるかは明確ではありませんので…」
「では、何を食べたんですか?」
お尋ねの趣旨が必ずしも分かりませんが、一般論で申し上げると朝食をとるというのは健康のために大切であります」
「いやっ、一般論を聴いているのではなく、あなたが、朝ご飯に何を食べたかどうかが問題なんです?」
「じゃー聞き方を変えて、朝ご飯に白米を食べましたか?」
白米を食べたかどうかを尋ねられても、私の食生活のすべてをひとつづつ開示しなけばならなければならなくなると、それは さすがに、そこまでおこたえすると大臣としての業務に支障をきたしてしまいますので…

っと、どんどん聞いたことの確信から話題をづらしていってしまうことなのだそうです。
一番、聞きたいことまでたどり着かせない。
何を聞いても、のれんに腕押しの状態。
これが、国会の現状って、なんだか編集人-oはあきれ果てて寂しく思ってしまいます。
(だって、国会議員に税金年間3000万ぐらいは使ってるんですよ!
こういうことがまかり通っていては、あからさまに人を殺めたとかそういうことでない限りはどんなことでも言い逃れができてしまうように思います。
ご飯論法について、知っている人は知っているのですが、まだまだ社会全般には浸透していないように思います。あなたは、このご飯論法について、許せますか?許せませんか?


 

 ご飯論法も、わかればわかるほど、嫌になってくるんですけど!企業もやってるように思えてきます。世の中不信感だらけになっちゃいそうです。

 ご飯論法がテストに出るようになる社会ってなんだかそれも嫌ですよねー。まずは、疑ってかかってしまう社会が前提ってことになりますからね!

就活時の面接で、「最近、気になるニュースは何ですか?」っと
聞かれても、1分間ぐらいは平気で話せるぐらいのニュースの知識はもって
おくことが必要です。知識を得るには、ニュースにひたすら関心を寄せる
以外にありません。

気になるニュースセンターでは、
身近なニュースから、重大ニュースまでいろんな方面からのニュース
をとりあげてすべてのニュースにアンケートが付いています
自分の意見や他の人の意見も参考にするとより考察が深まります。

 気になるニュースセンターはこちらからどうぞ!
http://xn--zckem9b6hoduce.xyz/

カテゴリー

-社会派ニュース